こんにちは。
現地留学カウンセラーのタケシです。

先日、ずっと気になっていた拘り食材のレストラン「Wildbeest」に行って来たのでご紹介したいと思います。
お店はヘイスティングストリートのあまりに近寄らない方が良いと言われている危険エリアの少し手間にあります。
近年このエリアもどんどん開拓されお洒落なお店が増え、近寄りや易くなってきたと感じます。
お店の外見はこんな感じです。
写真を撮り忘れたので、shermansfoodadventuresさんより拝借!(苦笑)


photo from //www.shermansfoodadventures.com 

19世紀に建てられた歴史を感じるビルをリノベーションしたお店でした。
すごく海外らしいお洒落な内装で、気まずくて写真を撮れませんでしたがオープンキッチンとなっていました。
落ち着くすごく良い雰囲気の店内でした。

ウェイターの方がすごく親切で、初めてだと言うと、お店のコンセプトや料理について細かく教えてくれました。
すごく感じの良いウェイターさんでした。

メニューはこんな感じです。
先ずはアルコール!

色~んなビル、ワインを置いていて何を選ぶかすごく迷います。
カナダのお店って結構マイナーな地ビールや、海外のあまり良く見ないビールなど置いているお店が多く、
未だに何が良いのかすごく迷います。

飲んだ事がないビールばっかだったので適当に頼みました。(笑)
私はSnowballというデンマークのビールを選んだのですが、美味しかったです!


黒ビールが好きなのですが、このビールは凄く濃厚で、アルコールが13%できつ過ぎました。

フードメニューはこんな感じです。
ウェイターさん曰く、このお店はガッツリ食べるよりは、色んなものを頼んでシェアするのだそうです。
なので一つ一つのメニューがそれほど量が多くない、スモールサイズだそうです。
スモールサイズにしては高すぎって言いたい値段ですが、、、

値段が高いのには理由があるようで、料理はもちろんですが、食材にもすごく拘っているとの事です。
エグゼクティブシェフが地元の農園や牧場の方と一緒に育てた食材をお店で出しているそうです。
安心で健康的な食材を使用してくれてるのは嬉しいですね!

何を頼んで良いのか迷ったら「Oh-Mah-Kah-Seh(おまかせ)」が有ります。
英語で発音するとhが付くのですね!
おまかせにすると一体いくらになるんだろう?怖いので今回はやめておきました。

私たちはこんなものを頼んでシェアをしました。
一品一品ウェイターの方が説明してくれたのですが、そんな事よりも早く食べたくて聞いてませんでした。(笑)
2番目の写真のステーキに付いていたニンジンが、100年物とか言っていたような気がします。
「100年だけど、お腹壊さないから心配しないでw」と言われました。
ジョークなのか本当なのかは分かりません、、、

下の写真のpork belly &Scallopsが個人的は一番おいしかったです。
醤油を使っているらしくて、どこか懐かしい味がしました。

このブログを見て興味を持たれた方は是非行ってみて下さいね!
Wildbeest