こんにちは。
今日は最近日本でもニュースになっているカナダのマリファナ事情について書きたいと思います。

世界的にニュースになっているのでご存じの方も多いと思いますが、カナダで2018年6月にマリファナの所持・使用を合法とする法案が可決され、今月の10月17日より施行される事になっています。
タバコやアルコールよりも大麻は害がないなど言う方もたくさんいて、大麻についての考え方は国や個人により様々なので、良いか悪いかについては専門家でないのでここでは書かないでおきます。私個人的には大麻は否定派で出来たら日本の様に厳しく規制をして欲しいなと思っています。

10月17日より合法になるのですが、実はカナダでは昔からマリファナは当たり前のように使用されていました。10年前に初めてカナダに来た時に、変な匂いがするなーと思ってタバコみたいな物を吸っている人に聞いたら、マリファナを吸っていて驚いたのを覚えています。街を歩いているとマリファナの匂いがする、歩きマリファナをしている人を見る、カナダ人宅のパーティーに行くと参加者の誰かがマリファナを吸っている、街中にマリファナを販売するお店もたくさんあったりと、実は以前から既に合法みたいなものでした。
毎年4月20日にはマリファナパーティーがダウンタウンで大々的に開催されています。
1万人が参加する大きなパーティーを街中でするぐらいだから、今まで違法だったのって!つっこんだ人もたくさんいると思います。笑

なので今回の合法化でカナダが危険になるとか思う日本人の方も多いと思いますいが、以前からこのような状況なので、合法になっても今と何も変わらないと思います。

ただ、日本人の方でカナダはマリファナ合法だし吸ってみようと思う方がいるかも知れないので、そんな方に強く警告したいと思います!
日本人が海外で大麻を所持・譲受(購入を含む)等する場合は、大麻取締法が適用されます!

最近、在バンクーバー日本国領事館から以下の内容のメールが届きましたので転載したいと思います。

「注意喚起(カナダにおける大麻(マリファナ)の合法化について)」

1.カナダでは、本年10月17日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。
2.一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。
3.この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。
4.在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

将来の為に留学に来て、カナダで軽い気持ちで大麻を吸ってばれて犯罪者になったら人生終わりですよ!
応援して海外に送り出してくれた親に対してとんでもない親不孝です!
マリファナを吸って体調がおかしくなり病院に運ばれたりしても海外旅行保険は使えません!
マリファナキャンディーやグミなども販売されていますが、絶対に日本にお土産とかで持って帰ってはいけませんよ。カナダ人の方は頭痛や、生理痛などの痛みどめとしてマリファナグミを食べている人もいるみたいですが、医療目的で勧められても食べてはいけませんよ!
以下の写真の様なものです。(カナダ人の知り合いに写真を撮らせてもらいました。)

カナダでは合法であっても日本では違法と言う事を強く意識して流されないでくださいね。
変な物に手を出す時間が有ったらしっかり勉強しましょうね!