フェレロ・ロシェ
こんにちは。
バンクーバー在住の留学カウンセラーのタケシです。

もうすぐ2月14日、バレンタインズデー(Valentine’s Day)ですね。
私の歳になるとバレンタインズデーは全く関係ないのですが、、、

日本では女子高生、大学生による

女子A「あー、もし彼女がいたらどうしよう?告白して断られたらどうしよう?」
           「気まずくなって、もう友達として会えなくなったらどうしよう」

女子B「なによ!逆にふっきれるチャンスでしょ?ダメだったら次よっ!」

女子A「そうだね!当たって砕けろだね!キャハッ」

という女子トークが渋谷あたりのスターバックスで繰り広げられているんでしょう。(笑)

日本のバレンタインは、女子が恋人や想いを寄せる人にチョコレートを渡し、
気持ちを伝えるという日ですが、

カナダのバレンタインズデーは日本とは異なります。
Canadaでは、愛する人と過ごす日はもちろんですが、カップルだけではなく、家族、そして友人など、
日頃の感謝の気持や色々な愛の形を表現する日なんです。

参考:http://www.timeanddate.com/holidays/canada/valentine-day

恋人たちの場合は、女性から男性にチョコレートを渡すのではなく、
男性から女性にプレゼントをするというのが一般的なんです。

バレンタインデー当日はバラの花束とプレゼント、
そしてディナーと男性にとってお金が掛かる日なんです。泣
クリスマスや年末のホリデーでたくさんお金を使って、
1カ月後にやってくるバレンタインズデーでトドメを刺される男性はたくさんいる事でしょう。笑

カナダと日本の文化の違いのプチ情報でした!
ではではまた!

P.S.日本ではイタリアのお菓子メーカー、フェレロ・ロシェのチョコが人気みたいですね。
  安くて美味しいので分かるような気がします。
  高級チョコレートよりも美味しいと思うのは私だけですかね!?
12746502_10208940921986223_993279786_n
最近ではカナダのスーパーでコアラのマーチが買えます。