どうも、レニーです。

みなさん、カナダのThrift storeって利用したことありますか?
Thriftなんて聞きなれない単語ですが(そして日本人にはなんとまあ苦手な発音。)、意味自体は倹約とか節約という意味、そう、Thrift storeはセカンドハンドの物を扱っているお店(日本だとリサイクルショップ?)です。
The Salvation Army Thrift StoreやValue Villageが有名どころです。
「The Salvation Army Thrift Store」の画像検索結果

ただ、日本みたいにコギレイな感じではなく、結構雑に並んでいる商品、呪の品かな?と思うレベルに使いこんだぬいぐるみたち、といった具合にいい意味で外国ぅ!という雰囲気のお店ばかりです。でもお高いんでしょう?と思いきや、値段も日本の高め設定価格と違い本当にお安い。服も$1~はザラで、さらにお店によってはセールの日があり、普段よりさらに安い値段で購入することも可能!

特に短期留学やワーホリの方々、「バイト先のレストランで黒いパンツ着用っていわれちゃったけど持ってないよぉ…」「友達同士のパーティーでドレスコードが紳士の帽子だって…ふえぇ…持ってないよぉ」というような、わざわざ新品は買いたくないその場しのぎレベルで必要なとき、このセカンドハンドのお店を利用しない手はなし。

意外と広範囲なレベルで色々売っています。家具、本、子供&大人服、靴、鞄、おもちゃ、ブランケット、レジャー用品などなど。
他にも、カナディアンはブランドに執着しないのか、洋服など結構名の知れたブランド品をいいお値段で発見することもしばしば。掘り出しものを探しに行くのも楽しいです。

キャンドルや写真フレーム、絵本や雑誌、オブジェや小物などの細かい物もたくさんあるので、日本に帰る際のお土産として、本当のカナダのローカルのお土産がほしい!というお友達にその一品をぜひ。

最後に耳寄りな情報といえば、Thrift storeでもハロウィーン用の仮装グッズを扱っているんです。新品で仮装用の衣装を用意しようとすれば、$50ドルはくだらないこともしばしば。。。出所不明の謎ドレスを着るのに抵抗ない人は、新品の半分以下の予算でそろえることができます。カツラや関連アイテムなどもたくさんの選択肢があるので色んな組み合わせが可能なうえに、デコレーション用のアイテムもたくさん扱っているので便利!セカンドハンドに抵抗ある人は、新品商品も扱っているのでそちらも選べます!


もっともっというと、1年以上滞在して次のハロウィーンもカナダで楽しむ人、カナダのハロウィーングッズを日本に持って帰りたい人、ハロウィーン後、お店を訪れると50%オフ、70%オフで関連商品売ってます!賞味期限も消費期限もないし(ましてや流行もないし!)このセールはおススメです。
今年のハロウィーン、雨が降らず皆さん楽しめたらいいですね!