昨日バンクーバーでは「Vancouver Pride Parade 2015」、通称ゲイパレードが開催されました。
このパレードは年間数あるパレードの中でも一番規模が大きく、
バンクーバーで一番盛り上がる年最大のイベントとなります。
2013年に行われた調査ではこのイベントを見る為に、65万人もの人々が訪れたそうです。
たくさんの同性愛者の方々が様々なコスチュームを着て街を行進する、
日本人にとってはあまり馴染みのないパレードなので、バンクーバーに来たら必ず見て頂きたい行事です。

この日は同性愛の方が多く暮らすデービースストリート辺りからイングリッシュベイ、サンセットビーチエリアは一日中祭りの様な状態になります。
11830881_771304109647278_1018413195_n
11846388_771304119647277_2118810003_n

サンセットビーチではイベントが開催されすごい人の数でした。
11824095_771304116313944_1972497099_n

そしてPride parade!
11721877_771304132980609_2070791694_n 11844064_771304159647273_869146789_n 11844091_771304099647279_1504650209_n 11846131_771304142980608_1460220575_n 11798141_771304129647276_226176845_n

写真を見るだけでもパレードの盛り上がりが伝わるかと思います。
とにかくゲイの人はパワフルです!凄くエネルーギーを感じました!

何故このようなイベントが大体的に開催されるかというと、
バンクーバーでは多くのゲイ達が隠す事無く堂々と生活をしています。

ゲイとは?
ゲイとは同勢愛者の事を指します。日本ではゲイというとホモというイメージですが、
カナダではレズビアンも含めてゲイと言います。
カナダでは同姓同士の結婚も合法的に認められています。
カナダでもまだまだゲイに対して冷たい視線もありますが、日本に比べると格段にオープンです。
ゲイみなさん隠す事なくどうどうと生活している方が多いです。

ゲイって日本にいるときはテレビの中の世界でしたが、カナダに来て接してみると、
ユーモア溢れる人が多いし、優しいし、美意識が高いですし、女性と男性の両方の感受性がありますし、
才能がある方が多い事に気づかされました。

この様にゲイの方達が堂々と暮らせて行けるバンクーバーってほんと
ダイバーシティー(Diversity & Inclusion)な街だとつくづく思います。

Diversity & Inclusionというのは
外見上の違いや内面的な違いにかかわりなく、すべての人が各自の持てる力をフルに発揮して
組織に貢献できるような環境をつくる
ことです。

言い換えれば、「世の中にはさまざまな人がいます。人種、性別、年齢、身体障害の有無などの外的な違いだけでなく、価値観、宗教、生き方、考え方、性格、態度、などの内面も皆違います。
『こうあるべし』と画一的な型にはまることを強要するのでなく、各自の個性を活かし能力を発揮できるような組織をつくる。それは、個人にとってプラスであるだけでなく、組織自体にとっても大きなプラスである。」という考え方です。
こういう考え方が自然に定着している街バンクーバーってほんと素敵です!
自分は自分でいいのですから。

カナダ留学、ワーキングホリデーのご検討中の方はお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせはこちらから