こんにちは。
カナダ現地留学カウンセラーのタケシです。

以前のブログで(だいぶ空きましたが(汗))
今人気の2ヵ国留学の地、フィリピン・セブ島に視察に行った事を書きましたが、今回は視察を通してフィリピン留学について分かった事や、思った事を書きたいと思います。
とて〜も長くなるので覚悟して読んで下さいね!

フィリピンで英語を学ぶ?


英語を勉強するのに「なぜフィリピンに行くの?」と思われる方も多いかと思いますが、実はフィリピンは世界で5本の指に入る英語を話す人が多い国なのです。(参照)なんと、イギリスやカナダ、オーストラリアよりも英語を話す人口が多いのです。
幼い頃から英語教育が始まり、学校では授業は全て英語で行われています。その為、フィリピンは第二言語が英語となり、テレビや新聞、街中の広告の多くが英語となっています。フィリピンの人達は英語に囲まれた生活をしています。北米などにフィリピンからの移民が多い理由は、英語が話せるので言葉の不便を感じなく英語圏であれば暮らし易いからです。お年寄りの方を除き、若い世代のフィリピン人は不自由なく流暢な英語を話します。フィリピンは人件費の安さと高い英語力を武器とし、大手企業のコールセンターのアウトソーシングビジネ(BPO)が産業の中心的役割を担っています。この事は欧米の企業がフィリピン人の英語力を高く評価している証拠です。語学学校の講師たちは大学で英語を教える教育、そしてさらに発音矯正などを受けているので、一般のフィリピン人よりも英語が綺麗で訛りがあまり有りません。ネイティブレベルに綺麗な英語を話す先生もいました。フィリピン人はとても陽気で明るいので、シャイな日本人学生と打ち解けやすいのも良い点です。フィリピン滞在期間中は全て英語で生活ができ不自由がありませんでした。タクシー、スーパー、コンビニ、ショッピングモール、スパ、ホテルなどなど全て英語なのでとても生活がし易かったです。お年寄りの人などが片言の英語であったり、話せない人もいるようですが、私の滞在生活中はその様な人に会うこともなく、若い人たちや中年の方と会う機会が多かったのでみんな流暢な英語を話せていました。

フィリピン・セブ島ってどんなところ?

フィリピン・セブ島は、直行便であれば日本からわずか飛行機で約4時間30分で、航空券の値段は往復で5、6万程度となります。お盆やゴールデンウィークなど繁忙期ですと10万円を超えたりもします。時期を見てなるべく早く航空券を取ると往復で4万円台で行く事が出来ますよ。
日本から4時間半、航空券もそれほど高くない、時差もたったの1時間なので不便も感じなく、気軽に行くことが出来ます。
フィリピン留学は、事前にビザ申請は必要なく往復航空券さえ取得すれば、気軽に行けるので準備の負担も少なくて済みます。
※絶対に往復航空券、またはどこかフィリピン国外に出る航空券が必要です!

フィリピン・セブ留学では「セブ島」、「マクタン島」をひっくるめてセブ島と読んでいます。

留学エリアは「マクタン島」と「セブ・シティー」といった2つのエリアに別れています。
セブ空港はマクタン島に有り、観光客が宿泊するリゾートホテルもマクタン島にあるのです。
みなさんが思い描く、青い海のセブ島のイメージはマクタン島なのです!


セブ・シティーは大規模なショッピングモールやカジノ、大きな病院、歓楽街、そして様々な企業が入るビジネスパークやITパークがある都会的な商業都市となります。
セブ島で学校を選ぶ場合は先ずは滞在(就学)するエリアを決めないといけません。
セブ・シティーの方にほとんどの学校が集中していて、マクタン島の方はセブ側よりも学校の数は少ないです。セブ側の方が学校の選択肢としては豊富です。

■セブ・シティの良い点、悪い点
セブ・シティの良い点としては、学校の数が多く選択肢が豊富で自分に合った学校を選べます。競合がひしめきあうので学校の質も高いです。交通の便が良くタクシー、Grabも直ぐに見つかり移動は簡単です。巨大ショッピングモールや、中規模のモール等がいくつもあり買い物にも便利で、飲食店の数が多く外食を気軽に楽しめます。夜遊びの面でもセブの方が充実しています。生活の面ではセブ・シティの方が圧倒的に便利なので、数ヶ月滞在される方にはオススメです。一方悪い点としては、セブ・シティはだいぶ都会なので、渋滞が酷く騒音も有ります。都会なので買い物や夜遊びなど誘惑も有ります。治安は安全ですが、それでもマクタン島に比べると犯罪が多いのはセブ・シティとなります。週末ぐらいしかリゾートエリアに出かけないと思いますが、渋滞を考えるとリゾートエリアまでは40-50分ほど掛かります。!

■マクタン島の良い点、悪い点
マクタン島の良い点は、ビーチに近く、空気が綺麗で静かで安全、夜遊びの誘惑がないので勉強に集中できるという環境という点です。リゾートエリアから少しタクシーを乗れば、小、中規模もモールはいくつか在ります。短期の限られた留学の方には、勉強に集中して、放課後や週末は、ビーチやリゾート、ダイビングなど楽しめるのでマクタン島での留学がオススメです。セブ・シティーには綺麗な海がないので、綺麗な海を求めるならマクタン島を選びましょう!悪い点は、長期滞在の方には買い物や移動など生活面では少し不便かもしれません。長期リゾートに滞在しても飽きてくる人もいるので、セブ・シティーに滞在してたまにリゾートを楽しみむ方が良いかもしれません。

フィリピン・セブ島の治安について

フィリピンと聞くと治安が悪い国とイメージされる方も多いかと思います。それが本当か嘘かと言うと、治安が良くない国と言うのは事実ではあります。ある調査会社が世界の治安を数値化している世界平和指数を見ると、2018年度は日本は9位、フィリピンは137位となっています。日本と比較すると治安の差は一目瞭然です。正直お伝えをしておきます。銃は合法ですし、凶悪犯罪、誘拐、窃盗、スリ、ぼったくりの数も日本よりも多いです。
ただ、セブ島に関しては治安はすごく良いです。私もセブ島に行くまでは正直びびってました!(笑)
治安が悪いと良く聞くフィリピンですが、アジア有数の大人気リゾート地、観光地として栄えているセブ島は他のフィリピンの街よりも治安は非常に良いです。政府、観光業界の努力で、凶悪犯罪の被害もほとんどないようです。ただ、スリ・置き引きなどの軽犯罪には気をつける必要があります。最初はすごく警戒していた私ですが、セブ島で過ごしている内に本当にフィリピンって危険なの?って思うくらい安全で生活しやすい事に驚きました。(海外での油断は禁物ですよ!)メキシコ(世界平和指数140位)はフィリピンよりも治安が悪いと言われていますが、メキシコにあるリゾート地・カンクンは非常に治安が良く、世界中から観光客が集まってきます。セブ島もそのような感じです。(分かりづらい例えですよね。汗)
セブ島に長く暮らす日本人の方達から話を聞きましたが、セブ島で暮らしていて今まで危険な目に合った事が無いそうです。ITパーク内であれば女性一人で夜中の3時に歩いても大丈夫だそうです。(皆さんはやめてくださいね!)学校関係者に聞いても、置き引きスリの被害に有った学生はいますが、重犯罪に巻き込まれた学生はいないとの事です。
色んな学校を見てカナダよりも親子留学や中高大学生の若い留学生が多くて驚きました!
とは言えセブ島が安全と言っても日本水準ではない事は確かなので気が抜けません。
なので、滞在方法も欧米のようにホームステイやシェアハウスで滞在するわけではなく、セブ島では学校が運営する寮や、ホテルに滞在します。滞在施設は学校と同じ施設内にあったり、隣接されていたり、送迎バスが出ているので、公共交通機関を利用して通学する必要は有りません。校内や滞在先には警備員や防犯カメラ等のセキュリティ対策もしっかりされいます。


フィリピン留学の特徴について

フィリピン留学の人気の一番大きな理由として挙げられるのが、留学費の安さ、そしてコストパフォーマンスです。フィリピンはまだまだ発展途中に国なので、日本や北米の国と比較すると物価が非常に安いです。生活費も安ければ、人件費も安いので、学費・滞在費がとても安く収まります。学校の費用の中に宿泊代・食事代も含まれいて、欧米留学の半額であったり、2/3程度の費用に収まります。欧米の語学学校は少人数制(15人程度)のグループレッスンとなりますが、フィリピンの場合はメインはマンツーマンレッスンとなります。学校で授業の半分以上がマンツーマンレッスンとなります。家庭教師の様に自分のレベルに応じた授業を受けれて、マンツーマンでたくさん話せるので会話の練習にも最適です。がっつり勉強したい方は1日8時間以上も授業を受ける事が出来ます。

マンツーマンレッスン+1日の授業数が多い+学費に滞在料金、食費が含まれていて安い=コストパフォーマス最強!がフィリピン留学の売りです!

最近では英語教員の資格コース、ビジネス英語、IELTSやTOEFLテスト対策(点数保証コース)や、IT技術を学べる専門コース、医療英語コースなどもあり、様々な目的に合わせた留学ができます。


フィリピンの学校は大きく分けて2つのタイプが有ります。スパルタ型の学校と、そこまで厳しくない普通の学校となります。スパルタ型の学校は、1日の授業数が非常に多く、朝から晩まで授業が有ったりします。校内は英語オンリーポリシーや、テストの点数が悪いと外出禁止、学生寮は学校と一体型で門限が有ります。スパルタ型の学校は、短期間の留学でとにかく少しでも集中して英語を勉強されたい方や、意志が弱くて誰かにプッシュされないと出来ないタイプの方、直ぐに誘惑に負けてしまう方など、強制的に勉強出来るように学校に管理された、スパルタタイプの学校がお勧めです。自己管理がしっかり出来て、自分のペースで勉強したい方、勉強のスタイルを確立出来ている方、放課後を楽しみたい方は普通の学校通われるのが良いでしょう。高校生や大学生など若い学生はスパルタ型の学校に通い寮生活、社会人の方などは普通の学校が良いかと思います。

あとは、何か留学の目的がある方は、TOEIC試験対策、IELTS試験対策、ビジネス英語、看護留学、IT留学、親子留学など目的に合わせて適した学校を選ぶ様にしましょう。(たくさん学校があるので、自分で調べるよりも留学エージェントに相談するのが手っ取り早いです。)

セブ島の学校選びに迷われたら、まずはお問い合わせ下さいね。(お問い合わせフォーム
皆さんのリクエストをお聞きし、私が実際に足を運んで見て授業を体験した学校に中で、リクエストに合ったお勧めの学校をご紹介させて頂きます。

セブ島の学校の多くが、学校と学生寮が同じ敷地内、またはすぐ近所に寮があります。(寮が敷地の外にある場合は無料の送迎シャトルがあります。)
学校の建物内や敷地内には、クラスルーム、食堂、夜遅くまで開いている自習室、ジム、プール、カフェ、そして保健室、ランドリーがあったりします。基本的に学校の中だけで生活が出来てしまいます。
言うならば全寮制の高校みたいなイメージをして頂くと良いかもしれません。
下の写真は学校の一例です。こんな感じで敷地内になんでも揃っている学校もあります。

ジムやプールがある学校もあります。

カフェやラウンジ、昼寝するエリアまである学校もあります。
食堂↓
朝昼晩食堂で食事が用意され、日本人、韓国人向けの料理が出されますので、癖のあるフィリピン料理が苦手な方でも安心して食べれます。バランス良く栄養が取れるようにサラダバーを置いている学校のあります。

学生寮は個室、シェアルーム(2〜6人)、コンドミニアム寮(キッチン付き)、ホテル寮など様々なタイプがあります。寮にはいつも管理人、警備員が居て、外出、帰寮などチェックしています。
たいていどこも門限があります。(外部寮の場合は門限が無い)子供を留学に見送る親御さんにとっては安心ですよね!
部屋の掃除はスタッフがやってくれます。

セブ島の学校は洗濯物を持っていくと、洗濯をしてくれるサービスがたいていどこの学校にもあります。ランドリーサービスは学費、滞在費に混みです!

どこの学校にも保健室があり、看護師さんが常勤しています。また、週に1回大学病院から医者が往診に来たりもします。体調不良があれば、看護師さんが病院まで付き添ってくれますし、病院にはジャパニーズヘルプデスクと言う会社が入っていて、通訳もしてくれますし、保険に加入している場合は保険のクレーム手続きも行ってくれます。

最近では韓国人よりも日本人学生の方が多いので、どこの学校にも日本人スタッフさんが何人か常勤しています。なので困った時は日本語サポート体制もバッチリです。
多くの学校が日本人経営なので日本人の学生の事を考えたサポート体制となっています。

フィリピンの学校の日本人スタッフさん達は「フィリピン留学はどこの国よりも過保護だ!」と言っています。確かに、学校内に全ての施設が揃っていて、学校が身の回りの生活を見てくれているので至り尽くせりです。その為、若い学生達が非常に多いと感じました。フィリピン留学の場合は、学校が全て面倒を見てくれるので、カナダのように現地サポートエージェントは必要ありませんね!

フィリピン留学で気になった点

基本的にフィリピンの講師の質は予想していたよりも非常に高いと感じました。
南国だから適当で緩いのかなぁ〜なんて思ってましたが、英語を教える事に真剣で、先生達はしっかり教育を受けていて教え方も分かりやすくかったです。学生のフィードバックが直接給料に繋がっているので、先生の意識も高いそうです。また、学校が教育に厳しい日本人、韓国人経営なので、先生の審査、質の管理がしっかりされています。
私がマンツーマンで教わった20代前半のフィリピン人講師達は、ネイティブに近い綺麗な英語を話していましたので、基本的に学校の講師の人たちはしっかり教育を受けているので、一般人よりも綺麗な英語を話します。とは言え、ネイティブスピーカーではないので訛りは多少あるので、海外ドラマや映画のようなカッコイイ英語に憧れている方は気になるでしょう。また、フィリピン人講師は英語のネイティブスピーカーが使うような言い回しや、スラングなど知らない人が多いです。逆にカナダでは使わない言い回しを教えてくれたります。英語のスピードはネイティブと比べると遅いので初心者には良いですが、それに慣れて欧米に来るとネイティブの英語が早すぎて最初はびっくりするかも知れません。フィリピン英語に慣れた方は、カナダ人のネイティブが話すリンクした英語を聞き取れないと思います。

続いて衛生面でも欧米留学に比べると気になる点があります。
私はお腹は壊しませんでしたが、気温が高く、衛生管理意識も低いため、何かに当たりお腹を壊す方も多いそうです。学校の食堂は大丈夫ですが、外食する際は注意が必要です。水道の水は飲む事が出来ません。トイレはトイレットペーパーを置いていないトイレが多く、自分でトイレットペーパーを持ち歩く必要が有ります。そしてフィリピンのトイレはすぐに詰まるそうで、基本的にトイレットペーパーを流せません。使用した紙は横に置いてあるゴミ箱に捨てます。正直これにはなかなか慣れませんでした。暖かい国なので臭いも気になりますし、衛生的に結構いやでした。
蟻とか蚊も多いので、虫が苦手な人は嫌かもしれません。
私がセブ島に行く前に、セブ島の学校で駐在していたから虫除けスプレー、手の消毒液、下痢止めなどなど一式頂きました!私は使いませんでしたが、一応準備しておいた方が良いと思います。

セブ島はとにかく日本人が多いです。
バンクーバーが日本人が多いと言われていますが、全然比較ににならないくらいセブ島には日本人留学生が多いです。フィリピン留学がそれだけ今人気なんだと実感しました!
セブ島行きの飛行機に乗ると、90%が日本人でそのうち80%ぐらいが学生くらいの若い乗客ばかりでした。そして空港に着いて外に出ると日本人ばかりで正直驚きました。日本の飛行機の到着時間が重なるそうで、夕方の時間帯は空港が日本人ばかりになるそうです。あまりに日本人が多くてびっくりしました。もしかするとハワイ以上に日本人率が高いかもしれません。

フィリピンにある語学学校のほとんどが韓国人、もしくは日本人経営の学校です。なので学校内は日本人ばかりであったり、韓国人ばかりだったりします。最近では韓国資本の学校でも日本人の方が多いそうで、セブ島の学校では今は日本人留学生が一番多いみたいです。

欧米の学校のように、世界各地から留学生が来ていて交流できるとかはまずないです。留学地では日本人を避けると意気込んでいても、学校には日本人しかいなかったりするので英語漬けの環境は作る事はまず出来ません。なるべく英語を話したい方はイングリッシュオンリーポリシー制度がある様な学校に通われると良いかと思います。ただ、日本人ばかりの学校でそのポリシーがどこまで守られているかは疑問があります。フィリピンのセブ島だけでも、60校以上の学校があるそうです。正直学校の数が多すぎると思います。現地の学校関係者もこれから質が良い人気の学校が生き残っていき、多くは淘汰されていくと言ってました。通う予定だった学校が倒産するなんて事もあり得るので、学校選びは慎重に行いましょうね。

★長期フィリピン留学はあまりお勧め出来ない
フィリピンに留学をする場合は、長くても6ヶ月まで、一般的に3ヶ月程度で十分だと思います。フィリピン留学はマンツーマンレッスンが主流でいつも決まった先生と会話していたり、また英語が上手でない日本人だけのグループで会話の練習をしているので、自分が英語が出来ていると勘違いしてしまいます。またその様な環境なので一定のレベルまで行くとそこから伸びにくいのです。なのでフィリピン留学は、英語を話す事に慣れていないシャイな日本人、そして基礎文法もままならない初心者には良いですが、ある程度知識も会話力がある中級以上の方にはオススメは出来ません。初心者が短期集中で基礎固めに3ヶ月ほど行くのが良いと思います。マンツーマンでたくさん話す事により、日本人が持つ英語を話すことに対する自信の低くさを解消できるでしょう。

フィリピン留学はITを学んだり、IELTSやTOEICのスコアを伸ばす為、親子留学などの留学に通うのであればコスパが良いので非常にオススメです。カナダの永住権を取る為にIELTSのスコアが必要な場合、カナダで試験対策の学校に通ったり、チューター(家庭教師)を取ると学費が高く、授業数も短いので、1−2ヶ月フィリピンで集中してスコアを伸ばすなんても言う、専門留学は非常にアリだと思います!
IELTS点数保証コースなんてのもありますよ!

フィリピン・セブ島+カナダの2ヶ国留学について

私がフィリピン視察を終えて思った事は、フィリピン(セブ島)は安全で、ネット環境や、移動環境が整っていて非常に生活がしやすかったです。想像していた、話を聞いていたよりも非常に快適に生活がでした。また、フィリピンの学校は過保護と言っても良いくらいサポート体制も充実していて、学校の授業の質も高いと感じました。多くの学校が受験大国の韓国、そして日本人経営なので、日本人(アジア人)にあった勉強スタイルでしっかり勉強が出来ると感じました。

セブ島留学を経由してから、カナダ留学、ワーキングホリデーに来る2カ国留学は私はありだと思いました。(留学カウンセラーによって様々な意見があると思いますが)
特に留学、英語初心者の方にはセブ島留学は向いていると思います。
フィリピンの学校は1日の授業時間が長く、授業の半分はマンツーマンレッスンが組み込まれています。
マンツーマンで家庭教師のように基礎からしっかり学ぶ事が出来ますし、日本人はグループの中で発言するのが苦手なので、周りを気にせず、間違いを恐れず会話の練習が出来るので、マンツーマンレッスンは英語初心者の日本人学生に合っています。欧米英語圏の授業は基本グループレッスンなので、英語力に自身がない日本人は発言をしない傾向にあります。フィリピンのマンツーマンレッスンで英語で話す事に慣れておく事により、欧米の学校のグループレッスンに入った時にも自信を持って話すことが出来るでしょう。また、フィリピンで英語力付けておくことで、欧米の学校に移った際に他の日本人学生よりも少し上のクラスからスタート出来るので、日本人が多い初級クラスに入ってしまう事を避ける事が出来ます。

ただし、フィリピン留学はあくまでも英語の基礎固めの場、フィリピンである程度英語力を付けたら、今度は英語の本場であるカナダなど欧米で勉強をした方が良いです。フィリピンで身につけた基礎を英語の本場の国でさらに磨き、ネイティブが話す英語に慣れましょう!フィリピンで英語ができる気になっていたら、井の中の蛙!やはり英語の本場の国とフィリピン英語は違います。

私はカナダに11年間暮らしていますが、フィリピン人の英語は理解出来ても、まだまだカナダ人のネイティブスピーカーの英語を完璧に聞き取るのは難しいです!恥ずかしながら未だに聞き取れない事や、英語が伝わらない事がたくさんあります。ネイティブカナダ人の英語とフィリピン英語はやはり違います。サッカーに例えるなら、Jリーグのチームとバルセロナぐらいスピード感が違います。(言い過ぎかな。汗)

フィリピンでは通じたのにカナダやアメリカでは英語が伝わらない、スピードが早過ぎなんて事は必ずあります!なのでフィリピン留学だけで終わらせずに、必ずネイティブの国でネイティブの英語に触れて、本場の英語を学んで、自身の英語をどこででも使える英語に仕上げてくださいね。

カナダ在住の私が足を運んで、実際に目で見て、体験して良いと思ったセブ島のオススメの学校の紹介も出来ます!!2カ国目にカナダでのワーキングホリデー、留学を検討されている方には、続けてカナダのサポートも可能です!カナダではバンクーバー、トロントに直営の現地オフィスがあるので、現地に到着してからのサポート体制もバッチリです!

フィリピン+カナダ2ヵ国留学にご興味を持たれましたら先ずはお問合せ下さい。
お問い合わせはこちら