間違いを恐れない
こんにちは。
カナダ現地留学カウンセラーのタケシです。

私が留学に来たばかりの頃、文法、発音に間違いの無いように話そう、
間違って発言すると恥ずかしいという思いを持っていました。
そして間違いを恐れるあまり発言をしなくなり、
英語の上達を大きく妨げていました。

私たち日本人は、何かを表現したりする時、「完璧」を期します。
それは自然な願望なのですが、「完璧」なんて、永遠に有り得ません。
ですから、「完璧」にこだわり過ぎると、いつまでもアウトプットが出来なくなってしまいます。

もしもブログを読んでくれている方が、留学当初の私と同じ様な心境でしたら、
完璧に英語を話そうとするのはやめておいた方が良いです。

スポーツも、失敗や怪我を恐れて、部屋でテクニックの本を読んでいるだけでは、
永遠に上手くなりません。英語も同じです。

間違って恥をかいたら、何が間違っていたのか、どこを気を付ければ良かったのか、
現時点で不足していることを探し出し、即座に取り込めば良いだけの事です

自分は気にするかもしれませんが、他人は他の人の事なんてたいして気にしていませんし、
そもそも第2言語なので間違う事は有ります。

できない事を格好つけているのは一番格好悪いので、
できないなら開き直って今より少しでも英語が上手になる様に、
恥をかきながらアウトプットして行く様にしてみて下さいね。
そうするともっと英語が上達すると思います。

カナダ留学、ワーキングホリデー無料相談はこちらから
私が働くカナダ留学エージェントについてはこちら