カナダの名門大学UBCでのサマーキャンプ

 少し前に日本でも話題になったカナダ政府にギフテッド(天才児)と認められた大川翔君の話はご存じですか。
大川翔君は飛び級でカナダで3本の指に入る 有名大学UBC(ブリティッシュコロンビア大学・University of British Columbia)に入学した天才少年です。
親としては子供を海外に長期やるなんて心配。 でも、子供の可能性を広げてあげたい、
日本だけにとどまらずにもっと世界に羽ばたいてほしい、 価値観を高めてほしい、 世界で通用する国際人になってほしい、
と思うのが親の気持ちだと思います。
それが自分自身がなかなか海外に行けるような状況じゃなかった方もそうですし、 海外に留学経験のある方であれば、自分の経験から子供にも素敵な経験をしてほしいと思うはず。
ただ、いきなり長期で子供をカナダに留学させるなんて心配、、
子供がやりたいかもわからないのに莫大な費用は、、 海外に子供をやるのは未知の世界… と色々と考えられると思います。 そういう方にお勧めで、近年人気を集めているのが ジュニアサマーキャンプスタイルの海外留学です。
普段は成人向けの語学プログラム、専門プログラムを設けている学校でも、 夏、冬と短期間で未成年(9歳~17歳)を対象にジュニアキャンプを設けています。
※プログラム参加最少年齢が9歳に変更されました。(3/17日アップデート)

そこで今回ご案内するプログラムは この夏イチオシ!
「天才少年 大川翔君が入学するカナダの名門大学、 ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia) で開催されるジュニアサマーキャンプです!!」
KGIC UBC サマーキャンプ1

開催地が今話題のUBCなんですよ~!     キャンプと言っても山の中に行ってカレーを作りキャンプファイヤ―を囲む、 のとは違います。
英語の勉強+アクティビティーをして現地で生活します。 英語の勉強を未成年の子供に強要するのはなかなか大変。
でも英語も楽しみながら勉強と思わない間に吸収できていればいいですよね! というよりも、まずは「やってみたい、英語の勉強って楽しいんだ、海外生活って楽しい!」と思う キッカケが大事です! アクティビティーは季節のもの、 例えば水族館に行ったり、海でバーベキューをしたり、 ハイキングやロッキー山脈に旅行にいったり。
世界から色々な学生が同じキャンプに集まってくるので、 カナダに留学しながら他国のこと、習慣も理解して友達も世界中にできちゃう。
世界に興味を持つきっかけになります。 楽しいアクティビティーを一緒にやるからこそ、 言葉の壁を超えることができます。

このキャンプにお子様を参加させた両親によると、 驚くほどお子様が成長して帰って来たそうです!
親元を離れて海外で生活した経験は、 短期間でもお子様に凄く良い影響を与え成長させると思います。
サマーキャンプは今後長期留学に行くきっかけにもなります。 楽しいキャンプの思い出が、参加された子供をまた海外に留学したい! という気持ちにさせます。
海外に行くなんて怖い、親と離れたくない、留学なんて行きたくないと行っている子も、 この経験をきっかけに大きく変わるはずです! 何度も言いますが、
今回のキャンプの開催地はUBC大学です。 夏の期間なので現地の大学生は少ないですが、 夏のセメスターをとっている学生もいるので、
現地の大学生のキャンパスライフも見る事ができます。 それを見たお子様が、もしかしたら「将来この大学に入りたいと!」 っと思われるかもしれません!
このプログラムの滞在先はUBCの寮となるので、 他の学生とも生活ができます。
そして期間も2週間から参加OK! 2週間~なら親も子供が海外に出ても安心できる期間でないですか? バンクーバーは留学地としては最適な場所です。
山々と海が広がり、自然豊かでとてみ綺麗な街! 人々がとてもフレンドリー! そして何よりも安全!
現地では24時間スタッフがいますので更に安心♪ 私たちのオフィスもバンクーバーにあります!
この夏お子様を「UBCイングリッシュサマーキャンプ」に参加させてみませんか?? 是非是非プログラムに興味のある方はお気軽にお問い合わせください‼

お問い合わせはこちらより サマーキャンプは毎年大人気ですので、 4月末までにはお申込みいただく必要があります。