英語力=英語に触れた時間
こんにちは、
カナダ現地留学カウンセラーのタケシです。

学生からしょっちゅう「どうやったら英語が話せるようになりますか?」
という相談を受けるのですが、私はいつも
英語を話せようになる為に一番大切な事はとにかく英語に触れる、英語を使う事ですよ〜
と答えています。

と言うのも英語はスポーツみたいなもので練習をしたら英語力は必ず伸びます。
筋トレしたら筋肉が付くのと同じです。

私は英語力は、英語力=英語に触れた時間だと思っています。
私の周りで英語が出来る人は全員、かなりの時間を英語英語に触れています。
英語に全然触れていないのに、めちゃくちゃ上手になった人なんていません。
英語が伸びないと感じている学生の多くが、話を聞いてみると単純に英語に触れている時間が足りない場合がほとんです。学校でも、仕事でも何でも良いので英語に触れる時間を増やせば英語力は伸びると思います。

中学校の頃の部活でスポーツしていた方なら分かると思いますが、
サッカーの教材を読んだり、動画を見たり、試合を見ているだけではサッカーが上手くならないですよね?
実際にサッカーをPlayしないと、いつまで経っても上達しません。

中高の英語の授業を受け来てた方なら気づいていると思いますが、
文法や単語はめちゃくちゃ大切ですが、それだけやっていてもいつまで経っても話せるようになりません。英語を話せるようになるには、実際に話す事が大切です。
英語を伸ばしたい方はとにかく英語に触れる時間、使う時間を増やす、これに限ります!

私が働く「East-Westカナダ留学センター」は頑張る学生を応援しています!!
英語を伸ばしたいと思う気持ちが強い方は是非ご相談下さい。
ご連絡おまちしております!
無料留学相談フォーム