海外でイライラしない方法

今日は海外での質の低いサービス受けた際の受けとめ方について書きたいと思います。
海外に行くたび、そしてカナダで生活していて思う事、それはサービスの質の低さです。
(サービスの良い所もありますよ!)

良く有るのが、レストランに言った際にウェイトレスの態度が非常に悪かったり、
値段の割に料理のクオリティーが低いという事です。
基本的に海外は「安かろう、悪かろう」は当たり前だったりします。

それに比べて日本のサービスは比較的高い基準にあるといつも思います。
海外で暮らしている私だからこそ、更に日本のサービスの質の高さを実感します。

その為、私はカナダでも良く日本とカナダを比較してしまい、
「日本だったら○○なのに」、「値段の割に高すぎ、日本ならもっと安いのに、、」
「日本じゃこれは通用しない」等の発言を良くしてしまいます。
そして悪いサービスを受けたとき腹を立ててしまい、一日気分が悪くなる事もあったりします。

私を含め日本人は、全てにおいて質の高い恵まれた環境で育ったせいか、
期待通りじゃないとイライラしてしまう人が結構多いです。

ショップ店員の態度、レストランでのサービス、タクシーの運転手の運転、
銀行の窓口に態度などなど、何かにつけ満足出来ないレベルだとイライラしてしまいがちです。

そして、イライラしてしまった場合、
そのイライラの原因になった人のせいで
非常にストレスを感じてしまいます。

一日のうちに満足なことが5つあって、
不満なことが1つあった場合、
不満にフォーカスして「これで全て台無し」と考えてしまうと、
その日は不満な一日として終わってしまうので非常にもったいないです。

全て期待通りじゃないと満足出来ない価値観で海外で暮らしていると、
イライラばかりしてしまう可能性が非常に高いです。

なので不満にフォーカスするのでは無くて、
良かった事にフォーカスして、満足が多くていい一日だったと考える様にすると
海外での日常のストレスを多少軽減できます。

何事にも言えることですが、正しい正しくないに関係なく、
受け取り方ひとつで人生の楽しさや満足度は変わってくると思います。

悪いサービスを受けて「俺は被害者なんだ!」と言ってイライラしていると
人生の楽しさが落ちてしまう気がします。

バンクーバーへの留学を思い立ったら、お気軽にご相談ください♪
無料留学相談はこちらから
私が働く留学エージェントについて