こんにちは。
バンクーバー現地留学カウンセラーのタケシです。

私はワーホリ、学生時代に日本食レストランやカナディアンレストラン、パブでアルバイトをしていました!その経験から、カナダの日本人経営の日本食レストラン=ジャパレス(ラーメン、寿司)、そしてカナディアン経営のレストランの職場環境の違いや、得られる経験、感じた事をお伝えしたいと思います。
あくまでも私が働いた職場の感想なので職場により大きく異なる事をご理解ください!

緩く楽しく働くカナディアンレストラン⇔黙々と働くジャパレス

カナディアンレストランの職場環境は日本に比べると非常に緩いと感じました。
英語環境云々よりもこれが一番大きな印象でした!
日本の飲食店でアルバイトをしたことや社会人経験もあるので、カナダの飲食店で初めて働いた時は職場環境の違いに衝撃を受けました。
日本だとポジションや年齢などの差でかしこまってしまう事がありますが、そんなの関係なく誰とでもフラットな感じで接っする事ができます。みんなフレンドリーで、あとは言いたいことを結構言いやすい環境でした。
必要以上に無駄にスタッフを入れているので、忙しくても日本の過酷な飲食を経験している方であれば余裕だと思います。基本的に仕事の質は日本人よりも低くいので、真面目にきっちり働く日本人気質がある方でしたらたぶん余裕でやっていけると思います。
遅刻してもあまり怒られないのですし、休みたいときは休みを気軽にくれました。
お店が暇であれば仕事中に携帯で友達にメッセージしたり、SNSを見たり、同僚と話をしたり、
適当になんか摘まんで食べたり、タバコを吸う人は、30分、1時間おきに外でタバコを吸ったりと自由な感じでした。上司たちも暇だね~と言いながら話をしていて、特に注意する事も無かったです。(笑)
キッチンでは好きな音楽を掛けてノリノリで働き、忙しかった日は仕事の後にビールをくれたりもしました。基本的にコーラやコーヒーなどドリンクはいつも飲み放題でした。(3カ所で働きましたが全部そうでした。)

カナダの会社はスタッフパーティーを定期的に開催してくれます。特にクリスマスパーティーは非常に豪華です!私が働いていたレストランはどこもバンクーバーで有名なところだったので、めちゃくちゃ豪華なパーティーでした。バッフェスタイルで食べ放題、お酒飲み放題で、DJが来たりして非常に盛り上がりました。くじ引きの景品も豪華でした。会社のスッタフへの還元の仕方はすごく羽振りが良いと感じました。

カナディアンレストランでの就労はストレスをほとんど感じることなかったので仕事に行くのが嫌ではなかったですし、楽しみながら仕事ができました。職場環境は英語だったので英語の練習にもなりましたし、色んな人種の人と働く事でそれぞれの国民性にも気づ来ましたし、色んな国籍の方が集まる職場での働き方も何となく分かりました。ただ、カナダ人は働かないくせに自己主張だけは一丁前なので、その主張の強さと根拠のない自身にストレスを感じる事はありました。

一方ジャパレスは、
私はキッチンで働いていたので完全に日本でアルバイトをしているのと変わらない環境でした。
キッチンは基本的に日本語のみです。全て日本語なので仕事を覚えるのも、コミュニケーションで苦労する事は有りません。
サーバーの子達はお客さんがほとんど外人なので英語に触れることが出来ます。なので英語を練習したい方は絶対にサーバーになりましょう!
時間厳守は基本中の基本ですし、暇な時でも何か自分が出来ることを見つけて動く事を当然のように求められます。話している時間があれば手を動かさないといけないので、無言で黙々と仕事をしています。携帯電話を仕事中見る事は出来ないですし、休憩時間はしっかり決められています。

同僚はほとんど同じ境遇のワーホリの方たちで年代も近く仲良くなりやすく、仕事終わりはみんなで飲みに行ったり、休みの日は一緒に出掛けたり、帰国後も付き合っていける友達を作ったりも出来ます。
地元を離れて一人暮らしをしてアルバイトをしている大学生のような生活です。
日本人同士現地の情報交換も出来るし、困った時に助けてくれる仲間も作りやすいですが、逆に人間関係がめんどくさかったりします。
同僚とかと飲みに行くと仕事や同僚の愚痴であったり、日本の居酒屋で愚痴を言うサラリーマンのような会話も多いので結構面倒でした。
カレッジに通っている方や、移民などで長く働いている方がワーホリに対して偉そうな態度をとる人も多く、カナダに長くいるから偉いみたいに勘違いしている癖がある女番長的な人がどこにでも一人はいます。(笑)

収入、チップについて

カナディアンレストランではキッチンはほとんどチップがなかったです。雀の涙程度でした。
カナディアンレストランの場合は、ホールスタッフ(サーバーやバーテンダー)がほとんどチップを持って行くので、キッチンで働く場合はチップが全然もらえない所が多いです。その代わりに時給が少し良かったり、スタッフミール(賄い)を貰えます。
英語の問題があるのでウエスタン系のナディアンレストランでもサーバーになるのは非常に難易度が高いです。ワーホリの方でウエスタン系のテストランでバッサーをしている方はたまにいますが、サーバーをしている日本人は未だ見たことがないです。
時給はジャパレスよりも少し高く、私は最低賃金以上の時給を最初から貰えていました。

一方ジャパレスでは、
多くの所で仕事の経験度合いにより比率は異なるものの、キッチン、ホールスタッフ平等にチップを分配してくれます。なのでワーホリの方がお金を稼ぐなら日本食レストランで働く方が稼げる場合が多いです。時給はだいたいどこも最低賃金ですが、チップが良いのでトータル的には結構稼げます。
スタッフ全員賄いが貰えるところがほとんどです。これで大分お金の節約ができます!

仕事量が少ないカナディアンレストラン⇔マルチタスクなジャパレス

カナディアンレストランは自分が配置されたポジションの仕事だけをするので、自分に与えられた仕事だけをきっちりこなせば良いのです。なので他が忙しくても自分が暇なら突っ立っているだけでも良かったりします。自分が暇な時に忙しい人を手伝っていたら良く働くと評価されました。
ただ、それが裏目に出て、私に別の仕事も振られるようになって仕事が増えた事があります。
一度カナダ人を甘やかしてしまうと、自分がしんどくなる事に気づきました(笑)
自分の持ち場が終わったら自分の場所だだけ軽く掃除をして、汚れた道具を洗い場に持って行って終わりです。道具を洗うのは洗い場担当の方の仕事なので丸投げです。お店が閉店した後は掃除の業者が入って店を掃除してくれますので、自分の仕事さえ終わればとっとと帰宅できます。

一方ジャパレスでは、
カナディアンレストランとは異なり、自分の持ち場以外のポジションの仕事もやる事がありマルチタスクです。料理を作ったり、皿洗ったり、人件費も削るので、最低必要人数でお店を回すので忙しく、さらには日本水準を仕事を求められるのでカナディアンレストランよりは明らかに大変です。

仕事の見つけやすさと、必要な英語力について

仕事の見つけやすさなら圧倒的にジャパレスです。人手不足で困っいるところが多いので英語力が全然なくても、数ある居酒屋、ラーメン屋に履歴書を持っていけば(バンクーバーの場合でしたら)どこかしら決まると思います。キッチン希望なら英語力ゼロでも大丈夫です。サーバーポジションの場合は中級レベルの英語量が必要なので語学学校などでしっかり英語力を付けてから仕事探しをしましょう。
カナディアンレストランの場合はローカルの人と競争するので、皿洗いやキッチンヘルパー等のポジションであっても最低限のコミュニケーションが取れる英語量が求められます。なのでジャパレスに比べると難易度は高いと思います。サーバーポジションは非常に難易度が高く、カナディアンレストランで日本人のサーバーを見たことが無いです。バッサーであれば中級レベル以上の英語力があれば働けます。またスターバックスやローカルカフェで働きたい場合は、中上級レベルの英語力がある方は結構決まっています。過去のワーホリの方たちが一生懸命真面目に働いて下さったおかげで、日本人は良く働くという印象をもっているカナダ人が多いので、日本人を受け入れてくれる所が非常に増えてきました。私が来た頃よりもカナディアンレストランやローカルカフェで働いている人は非常に増えたような気がします。

まとめ

仕事の大変さで言えば圧倒的にジャパレスですが、お金を稼いで節約生活をするならジャパレスの方が良いと思います。英語を学びたい場合は、先ずは語学学校中級レベルの英語力を身に付け、カナディアンレストランで働くと良いでしょう。ジャパレスでサーバーするのも良いですが、日本人の同僚と仲良くなり普段は日本人とばかりつるみ日本語環境に浸かってしまいがちです。
カナディアンレストランでの就労は日本では経験出来ない事、学べない事をたくさん得ること出来ます。なのでカナダしか得れない経験をするなら良いと思います。
英語の勉強がメインでなく、ただただワーキングホリデーを楽しみたい方の場合は、ジャパレスで稼いで、日本人の同年代の友達をたくさん作ってワイワイして、最後に旅行して帰るのも良いと思います。

あくまで私の独断と偏見で書きましたので(汗)、職場によって全然違う事はご了承ください。
多少でも皆さんの仕事の選びの参考になれば幸いです!

写真はバンフのカナディアンレストランで働いていた時の様子です。

カナダ留学、ワーキングホリデーに学費特別割引料金提供しています!
さらにお友達と同時お申し込みで、ご紹介者、お友達に特典有り!
留学、ワーホリを思いたったら先ずはお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

現在カナダ滞在中の留学生、ワーホリの方で2校目の学校を捜している方、カレッジになどに進学される方などに、ローカル限定の学費割引きキャンペーンを実施中です!
先ずはお問い合わせください!

     ↓↓↓