こんにちは。
バンクーバー在住、現地留学カウンセラーのタケシ。

観光ビザでカナダに入国して、後からワーキングホリデービザに
切り替える方って結構多いと思います。
そこで今日はバンクーバーに滞在される方の、観光ビザからワーキングホリデービザへの
切り替え方について書きたいと思います。

観光ビザからワーキングホリデービザに切り替えるには、原則カナダ国外に出て、再入国する必要があります。
主な切り替え方は以下のようになります。

①陸路でアメリカに出て、再入国の際にカナダ国境でビザを切り替える。
②飛行機でどこか海外に出て、帰ってきた際にバンクーバー空港の移民局で切り替える。
③Pacific Highwayの国境にある事務所に行ってそこでビザを切り替える。
 (この場合はアメリカに出なくても大丈夫)

バンクーバーに滞在中の方は、陸路で一度アメリカに出てカナダに再入国し、
国境で観光ビザからワーキングホリデービザに切り替えるのが一般的です。
日帰りで行けますし、コストもそれほど高くありません。

②の場合はコストが掛かかるし、③の場合は車が必要、また事務所の場所も分かりにくいので
知っていると人と行く必要があります。またオフィサーによってはそこで発行してくれなくて
アメリカに一度入国させられる場合もあります。(私は2回行って2回とも大丈夫でしたが)

①の方法の場合は、車を運転していく、長距離バスの乗る、電車に乗る。
 またはシアトルツアーなどに参加する必要があります。

車を運転する場合は海外での運転に慣れていないと不安ですし、
長距離バスの場合は、スケジュールがあり他のお客さんもいるので、
ビザの発給に時間が掛かってしまうと国境で置いて行かれるという心配もあります。
またツアーに参加する場合、ワーキングホリデービザの切り替えたいと申し込み時に言うと
申し込みできない場合もあるので隠して参加して頂く必要があります。
ツアーの場合、ビザ申請に時間が掛かっても、置いて行かれることはないと思いますが、
他の方に迷惑をかけてしまうかも知れません。

そこで私は電車で行く方法をお勧めします。(帰りだけ電車でも良いです。)
おそらく一番安心で簡単な方法だと思います。

Mainステーション駅近くのPacific Central駅よりAmtrak Cascadesという電車が出ています。
Amtrak Cascadesオンライン予約サイト
早く購入すると料金は安くなります。片道US$32〜です。
※予約する際にバスと電車を間違えないように!
※カナダのバンクーバーとアメリカのバンクーバーがあるので間違えないように!

Pacific-Central-Railway-Station-Envelope-Restoration
13214443_10209743724135775_1277742049_o

13162418_10209743723775766_580335587_n
13233464_10209743723655763_455060406_n
アメリカへの入国審査はここで行われるので、1時間は余裕を持って行かれる事をお勧めします。
持ち物:パスポート、ビザの許可証、電車のEチケット、US$6(クレカ払い可能)
※ESTAは事前に申請しておいてください。

13183224_10209743722775741_249587695_n
こんな感じの電車です。
ブルートレインみたいですね。
電車の中では軽食が買えますし、WiFiを使う事ができます。
トイレも付いています。

進む方向に向かって右側の席を取りましょう!(帰りは左側)
電車は海沿いを走るので、美しい景色を楽しむ事ができます。
車やバスで行くと味わない景色ですよ。

13183063_10209743723255753_1499673982_n
13187640_10209743722055723_2138347082_n
カナダとアメリカの国境peace archで電車が一時止まり、パスポートを見せないといけません。
ただ、入国審査を出発の駅で済ましているので、それでだけで終わりです。
13180829_10209743723495759_1014582084_n

シアトルの駅はマリナーズの球場セーフィコフィールどの近くです。
主要な観光地には徒歩圏内です。
未だにイチローの写真が、、、
13227920_10209743722735740_707614715_n 13180873_10209743722175726_1896728573_n

シアトルのダウンタウンで観光を楽しんで、余裕を持って30−40分ほど前に
電車の駅に戻り乗ります。
そしてゆっくり寝ている間に出発地のPacific Central駅に到着。

カナダへの入国審査を済ませて、移民局の事務所に行きます。
窓口は2つあり、しかも電車でビザを切り替える人が少ないせいか空いているのです。
なので時間はあまりかかりません。
しかも入国審査も、ビザの発行もカナダ・アメリカ国境よりも緩い!ような気がします。

電車でビザを切り替える一番のメリットは、
バンクーバーのPcific Cetral駅内で手続きをするから置いて行かれることもないので、
時間を気にしてしなくて安心。審査は国境より緩く穴場です。
デメリットとしては、
朝が早く、時間がかかる!またツアー、バスよりお金がかかる点です。

お金、時間がかかりますが、心配が少ない方法なのでオススメです。
観光ビザからワーキングホリデーに切り替えたい方は参考にしてみてくださいね。

カナダ留学、ワーキングホリデーをご検討中の方はサポート代金無料の
「East-Westカナダ留学センター」までお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら