visa
【カナダ留学のビザの種類について】

本日はカナダへ渡航する際のビザについてご案内します。
日本人がカナダへ一時滞在する場合、 観光、学生、就労の3種類のどれかにあてはまります。
ちなみにワーキングホリデー・プログラムは、就労ビザに含まれます。
以下の3つビザより自身の留学のスタイルに合う留学方法をお選び下さい。

1、観光ビザ(ビザ無し) 
カナダへの滞在は最大6ヵ月可能。
パスポートに押されたスタンプの日付から半年後(六ヶ月先の月の同じ日)まで滞在可能。
カナダへの滞在が6ヵ月間以内、就学期間が6ヵ月以内の方はこの観光での渡航が良いでしょう。

特徴
•パスポートだけで入国して、そのまま半年まで滞在できる(スタンプの日付から6ヵ月後)
•学校は半年まで通う事が出来ます。
•就労をする事は出来ません。(無給であっても働けません)
•帰りのチケットを持参する必要あり。(帰りの航空券が無い場合は入国を拒否される場合があります。)

2、学生ビザ  
カナダでの就学が6ヵ月を超える場合
カナダで学校に通う期間が6ヵ月を超える場合は、学生ビザを取得する必要があります。
学生ビザは学校から入学許可証を受け取ってる事が申請条件の一つです。学費支払い後にビザ申請となります。
学生ビザで渡航される方は、先に通う学校を決めましょう。
特徴
•学校に6ヵ月以上通いたい方
•学校によっては働く事が可能、学生ビザの申請が必要なので、先に学校を決めて学費を払う必要があります。
•現地で学校を伸ばした場合は、学生ビザの延長も可能

3、ワーキングホリデービザ  
1年間カナダで働きながら滞在可能(学校は1年のうち6ヵ月まで通う事ができます。)学校に通って勉強するというよりは、現地で働きながら語学力や異文化理解力を高めたいという人に人気の制度です。プログラムの最初の数か月を語学学校などに通って語学力を補強し、語学力がある一定のレベルになってから就業するパターンが多いようです。語学力や、それまでの就業経験に応じて、現地で体験できる職業には限りがあります。
特徴
•1年間働きながら滞在可能。 働けるので留意費を抑える事が可能。ビザの延長はできません。
•一生に一度しかワーキングホリデービザを取得する事が出来ないので貴重。 
•学校に通えるのは6ヵ月まで
•ビザの許可書申請時点で年齢が30歳以下の方

英語を勉強する為に学校に通いたい、でもワーキングホリデーの期間をフルに就労に費やしたいという方は、
学生ビザ、観光ビザで渡航して学校に通い、それらのビザが切れる前に現地でワーキングホリデーのビザに切り替える事が可能です。

例) 観光ビザ(6ヵ月)+ワーキングホリデー(1年間)=1年半の留学
観光で6ヵ月学校に通い、その後に1年間丸々ワーキングホリデービザで働く事が可能です。

 

以上3つがビザの種類となります。
ご自身の目的によって留学に必要なビザをお決め下さい。

カナダ留学、ワーキングホリデーについてご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちらより