カナダ留学持ちものについて
今回はカナダ留学、ワーキングホリデーに持って行かなければいけない必須アイテムから、 これを持っていけば便利!これだけは外せないというアイテムをご案内したいと思います。
この記事をブックマークしておいて、渡航の前の荷物確認に使って頂ければと思います。

 まず最初に、各航空会社によって預けられる荷物の数が異なるので、 パッキングをする前に必ず預ける事ができるスーツケースの数を確認しておきましょう。
重量、サイズ制限を超過した場合は超過料金が発生しますので注意が必要です。

航空会社 スーツケース個数 3辺の長さ合計(1個) 重量(1個)
JAL 2個 203cm 23kg
ANA 2個 158cm 23kg
Air Canada 2個 158cm 23Kg
大韓航空 2個 158cm 23Kg

それでは以下に私のカナダ留学、ワーホリ生活経験で必要だった持ち物をご案内します。
人によっては「これいらないんじゃないかな?」、「こんなのいるの?」と思う物も有るかもしれないので、
その様な物が有れば省いて頂いて無問題です!

■留学、ワーホリ必須持ち物
☆パスポート
これを忘れたらカナダの生活は一生始まりません!
☆ビザの許可書(ワーキングホリデー、学生ビザで渡航の場合)
バンクーバー空港の移民局で提出をして、ビザの発行を受けます。
☆クレジットカード
普段クレジットカードを使わない方も、万が一の時に備えて1枚は必ず持ってきましょう。
お酒などを買う際の2nd  ID(身分証)としても使えます。
またクレジットカードによっては海外旅行保険が付帯しているのも有りますので、短期滞在の方は海外旅行保険としても利用できます。 ※キャッシュパスポート NEOMONEY も結構使えます! 
☆航空券
当然ですが、これが無いと飛行機に搭乗できません。笑
☆海外旅行保険の保険証
カナダの医療費は驚くほど高額です!保険に入ってないととんでもない事になります。
またワーキングホリデーの方は保険の加入が義務付けられています。
学生の方も学校によっては加入が義務付けされているところもあります。
海外旅行保険に入っていても、保険証がないと使えませんので注意!
海外旅行保険についてはこちらの記事をお読みください。
無料海外旅行保険一括お見積りフォーム

☆現金
当面の生活ができる金額をお持ち下さい。 口座開設をして日本から送金を受け取られる方は、
海外送金に1週間ほど掛かるので、その時間を計算して現金をお持ち下さいね。
カナダへのお金の持ち込み方はについてはこちらの記事もお読みください。
※100万円以上の現金は入国カードで申告が必要です。

☆学校の入校許可書(ワーキングホリデーの方以外)
☆カナダの滞在先情報
ご利用のエージェントや、ホームステイなどの滞在先情報
☆ラップトップ(ノートパソコン)、スマートフォン
Wi-Fi等のネット環境であれば、インターネットにアクセスできるので困った時に非常に便利!
私が海外に行く時は絶対にラップトップを持っていきます。
13インチ以下のラップトップであれば持ち運びが楽です。
※充電器、アダプターを忘れないようにしましょう!
☆帰りの航空券(観光ビザの方のみ) 観光の方で帰りの航空券をお持ちでない方は入国を拒否される場合が有ります。
☆持病が有る方は薬、ドクターズノート(英文の診断書)

————————————————————–
■一般的な持ち物
○衣類

  • 下着(女性の場合:カナダと日本でサイジングが違います。)
  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • 帽子(カナダの紫外線は日本の7倍とも言われています)
  • サングラス
  • 歩きやすいスニーカー
  • 水着(特に女性の方)
  • ヒートテック(かなり使えます!)
  • アウター(ダウン等の防寒着は1着は持ってきましょう)
  • ストッキング
  • ちょっと寒くなったら羽織れるゴアテックスのジャケット(バンクーバーは軽い雨がよく降るので有れば使えます)
  • リュックサック(カナダの学生はだいたいリュックサックで通学します。有ればめっちゃ楽)
  • 眼鏡、コンタクトレンズ(コンタクトの液はカナダの方が高いです)

カナダにもH&M、Foever21、ZARA等の様なお店が有るので、お洒落着を日本で買い込んでくる必要は有りません。 必要になったらカナダで買いましょう! カナダ人はブランド物に無頓着な方が多いので、ブランドものバッグや、服も必要有りません。 最低限の物を持って来て、後は現地で買いましょう!

○その他持ち物
折り畳み傘(バンクーバーは良く雨が降るし、カナダの傘は良く壊れます)
目薬(日本の様にスーーーっとする目薬が有りません)
洗濯ネット(カナダの洗濯機、ドライヤーはかなり服を傷めます。)
日焼け止め (カナダの紫外線は日本の約7倍ともいわれています。)
国際免許証 日本の免許証(長期滞在予定で、カナダの免許書を取得されたい方)
爪切り
筆記用具
常備薬(風邪薬、胃薬、アレルギーの薬、虫刺されの薬、湿布) 
カナダの薬は人によっては体に合わない場合もあるので、自分にあった薬を持ってきましょう)
スイムタオル (吸水性抜群、かさ張らないのでタオル、バスタオルとしてとても使えて便利!)
携帯用洗濯ネットScrubba(スクラバ)  有ればめちゃくちゃ便利です!
カナダのアパートはコインランドリーが一般的、また洗濯機の質が悪いので服が直ぐに傷んでしまいます。 これさえあれば洗濯代、また服をダメージから守れるます!
 シャンプーは日本で買える物(ヴィダルサスーン、パンテーン等)はだいたい買う事が出来るので持ってくる必要はありません。

■余裕が有れば持ってきたい物

  • お洒落な手帳(カナダにはお洒落な手帳が買えません。泣)
  • ウェイパー(これさえあれば料理の味が整います。)カナダでは$20以上します。
  • イヤホン(カナダで買うイヤホンは私の耳に合わない場合が多いです。)
  • コテ・ヘアアイロン(女性の方:スタイリングをするコテは日本の方が安くて良い物があります。)
  • ドライヤー( 海外、国内両用カールヘアドライヤー は日本製品の方が質が良く、安価なので買って持って来るとよいでしょう。)
  • ウコンの力
  • ヘアスタイリング剤(ギャッツビーのワックスが$10超え、ナカノワックスは$30ほどします)
  • 地球の歩き方等のガイドブック(現地で買うと凄く高いです。)

■機内に持ち込めない荷物
・鋭利な物
(ナイフ、ドライバーなどの工具、はさみ等)
・液体(100ml以上)
化粧水、歯磨き粉、ヘアジェル等の液体物は、100ml以下の容器に入れ、すべての容器をジッパー付き透明プラスチックグ袋に入れる必要が有ります。
袋は、縦横の合計が40cm以下で、1人1袋まで持ち込めます。

 

カナダ留学、カナダワーキングホリデーに関する事、生活相談、学校についてのご相談はお気軽にお問合せ下さい。 簡単メールお問合せフォームはこちら