こんにちは。
カナダ現地留学カウンセラーのタケシです。

文部科学省が「トビタテ!留学JAPAN」プログラムに参加した留学生を対象に行ったアンケート調査によると、留学帰国生の89.2%が留学経験が就職活動に「良い影響を与えた」と回答したそうです。
(出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/mext/2017/12/20171128-release.pdf)

留学経験で具体的に評価されたポイントとしては、留学で培った「何事にも挑戦するチャレンジ精神」(76.7%)、「広い視野で物事 を捉える力」(61.0%)、「対人コミュニケーション能力」(56.8%)など、留学先での学びが評価されたことが分かりました。

留学経験が評価された大きな理由に、企業のグローバル化が挙げられます。
8割以上の企業が「海外事業を強化・拡大する」と回答、外国人留学生の新卒採用実績が2014年度の平均 2.79人から2015年度は9.50人と3倍以上に急増し、日本企業のグローバル化へ急激に進んでいます。
その為、企業の 採用担当者の62.1%が企業のグローバル化に対応するために「留学経験者を積極的に採用していきたい」と考えていることからも、留学経験が就活に良い影響を与えたと言う結果に繋がっていると思います。
この流れは現在留学中の方、これから留学される方にとってとても良い流れですね!

ただ留学をすれば就活に有利になると言うわけではありませんので、語学勉強は当然ですが、積極的に新しい事にチャレンジ(専門分野もあわせて学ぶ、ボランティア、インターンなどなど)をするなど、目的を持って留学に臨んでこそ、留学が就活にプラスに働くと言う事を頭に入れておいてくださいね。

私が働く留学エージェントでは専門のコンサルタントによる帰国後就職サポートを無料で提供しています。帰国前からキャリア相談(自己分析、履歴書や、職務経歴書の作成サポート)を開始し、帰国後が希望にあった企業のご紹介などを行っています。
留学前から帰国後の就活まで手数料0円でサポートしているのでお気軽にご連絡ください!
お問い合わせはこちら