06c16b73bdb1ad1a94810258be070b0a_s
こんにちは。
カナダ現地留学エージェントとタケシです。

本日はカナダの安全面についてお話をしたいと思います。
カナダ専門の留学斡旋会社で働く私としてはカナダ留学のイメージを下げるような話はしたくないのが本音ですが、
これからカナダへ来る留学生、そして滞在されている学生の安全の為にも、カナダの安全面についてお伝えしておきたいと思います。

どこの留学斡旋会社で話を聞いても、「カナダは安全な国だから留学地としては安心ですよ!」と言われるかと思います。
確かに英語の留学地としてはカナダはトップクラスで安全な国だと言えます。
今話題のフィリピン留学の裏話などを聞くと、さらにカナダって治安の良い留学先なんだなと思います。
しかしながらカナダは安全な国だからと言って犯罪が無い訳ではありません。
世界一安全な国と言われている日本でさえ犯罪は絶えませんので、カナダではそれ以上にたくさんの犯罪が起こっているのが事実です。

2017年1月10日に外務省がカナダの安全対策基礎データをアップデートしました。
その情報の一部を以下に引用します。
———————————————————————————–
海外安全ホームページ: 安全対策基礎データ

(1)カナダは,一般的に治安が良いと言われていますが,犯罪発生率(人口10万人当たりの犯罪認知件数)は日本の約5倍の水準となっています。
最近では,ギャング絡みの発砲・暴力事件も発生しているほか,夜間に銃器や刃物で通行人を脅したり,背後から襲い暴行を加えた後に所持品を奪うといった事案も発生しています。
特に,都市部で夜間にひと気のない場所に出かける際は注意が必要です。日本人の渡航者,滞在者が犯罪に巻き込まれる事案も発生していますので,防犯対策は日本にいるとき以上に注意が必要です。

(2)空港やホテル,レストラン等で旅行者を狙ったスリや置引き等が多発しているため,パスポートや現金など貴重品を盗まれないよう注意する必要があります。
被害に遭った日本人旅行者の多くが,貴重品を入れたバッグをほんのわずかの時間,足元や近くの椅子の上に置いた隙に盗まれています。
荷物は常に視界に入る位置に置くよう心がけるとともに,貴重品は必ず身につけて携行するようにして下さい。

(3)カナダでは,米国ほど銃器の所持が自由ではありませんが,米国と国境を接しているため,銃の密輸が後を絶たず,銃器を使用した強盗等も散見され,増加傾向にあります。
在留邦人が銃器で脅された被害も発生していますので,万一,強盗等の犯人に遭遇した場合には,相手が銃器を所持している可能性が十分にあることを念頭に,身体の安全を第一に考え,絶対に抵抗はせず,立ち去らせた方が無難です。

(4)現在カナダでは,テロ組織からの指示や支援を受けないものの,そのようなテロ組織のウエブサイト上の情報に接した個人が,過激化してテロを引き起こすケース(いわゆる「ローンウルフ(一匹狼)型テロ」)が発生しており,このようなテロに対する危機感が高まっています。

——————————————————————
カナダの犯罪発生率は日本の水準の約5倍だそうです。
カナダで10年ほど暮らしていますが、昔に比べると治安が悪くなって来たと実感しています。
ホームレスの様な変な人も増えていますし、図書館やカフェで置き引きに合う学生の被害も多いですし、女性を狙った犯罪や車上荒らしも増えているように思います。

カナダは安全だと言われていても海外だという事を意識しないといけません。
日本と同じような感覚で生活していてはいけません。
自分の身は自分で守るために、警戒心のある行動を心掛けて、常に防犯対策をしましょう!

以下は防犯対策の例です。
■夜間の一人歩き、人通りの少ない路地裏、公園を避ける
夜間に一人で徘徊したり、人通りの少ない場所は避けましょう。(特に女性の方)
夕暮れ時に公園でランニングをしていて被害に合う方や、夜に近道の為に公園をショートカットした方で被害にあっている方もいます。
危険とされている区域も有りますので近寄らないように!

■持ち物に注意を払う
スキの多い留学生、観光客を狙って窃盗(置き引き、スリなど)を繰り返す人が多い様です。
良く被害にあわれている場所は、図書館やスターバックス、ティムホートンなど留学生が放課後に集まるところでの被害が多いです。
荷物は常に視界に入る位置に置くよう心がけるとともに,貴重品は必ず身につけて携行するようにしましょう。
被害を最小限に抑えるために大金は持ち歩かないようにもしましょう。
日本人の男性は良くお尻のポケットに長財布を入れているのですが、スリに合うリスクがあるのでやめたほうが良いです。

■知らない人について行かない
 カナダの人はフレンドリーで、一般的に親切ですが,知り合ったばかりの人を直ぐに信用してついて行くのは危険です。
外人に声を掛けられると気軽について行ったり、連絡先を交換する方がいますが、
日本で知らない人に声を掛けられても普通はついて行かないし、気軽に連絡先を交換なんかしないですよね?
ついて行く人は危機感無さすぎです!
日本人の女性はよく挨拶程度の日本語を話せる見知らぬ人にナンパされる事があります。
その様な人は何人もの日本人留学生に声をかけている常習の人が多いので、無視するかはっきり断る様ようにしましょう。

■目立つ格好は避けよう
高価なものを身につけたり、目立つ格好をするとその分ターゲットになりやすいので目立つ格好はなるべく避けましょう。
カナダ人はお洒落ではないのでそれほどお洒落に気を使う必要はありません。笑
若い女性は特にあまり開放的な服装をしないことを防犯上お勧めします。

留学生の多いトロントやバンクーバーのは犯罪状況、防犯対策として関して外務省は以下の様に記載しています。
安全対策基礎データーから引用
——————————————————————————————-

* トロント
旅行者や留学生等を狙った窃盗犯罪が多発しています。被害はホテルのロビー及びカウンター,レストラン,空港カウンター等で発生しており,
ホテルや空港のトイレの個室の物掛けに掛けた荷物を,扉の外から盗まれた例もあります。レストラン及びナイトクラブ等で,パスポートを身分証明書として携行し,
その際に紛失する事例も多く見られます。
なお,麻薬取引やギャング同士の抗争等,銃器を使用した殺人事件等が増加しています。こうしたことに巻き込まれない様,普段から周囲に気を配ってください。
なお,日本食レストランの邦人従業員が夜遅くに帰宅する際に,刃物や銃器を所持した強盗に遭うケースも増加しています。
夜間のひと気のない場所での通行は極力控え,また,万一襲われた時は抵抗はしないようお勧めします。
また,トロントの一部(ダウンタウン東地区,フィンチ通り西側等)は,麻薬中毒者や浮浪者等が多く,治安が悪い場所もあるので注意が必要です。

* バンクーバー
旅行者や留学生を狙った置き引き等の窃盗犯罪が,空港,ホテル・ロビー,レストラン,ショッピングセンター,観光地のほか,図書館やカフェでも多発しています。
また,最も多発している窃盗犯罪は,観光地等で駐車している車の窓ガラスを割り,車内から物を盗むという手口です。
このため,駐車する際は,人目のある駐車場を選び,かつ車内には何も残さないようにしてください。
 レンタカーを借りる際に金額未記入のクレジットカードの伝票にサインさせられて,後で多額の請求書が送られる等の被害が発生しています。
麻薬取引やギャング同士の抗争等,銃器を使用した殺人事件等が増加しています。こうした抗争に巻き込まれないよう注意してください。
また,夜間のスカイトレイン駅の周辺などで不意に襲われ所持品を奪われたり,銃器や刃物で脅され所持品を盗まれるといった強盗事案が発生しています。
夜間のひと気のない場所への外出は極力控え,また,多額の現金や貴重品の携行は極力避けるとともに,万一襲われた時は抵抗はしないようお勧めします。
また,バンクーバーの一部(ダウンタウン東地区,中華街近辺等)は,麻薬中毒者や浮浪者等がたむろしているため治安が悪く,注意が必要です。
特別な用事のない限り,このような治安の悪い地区には立ち入らないでください。
2016年には邦人女性が殺害される痛ましい事件が発生するなど,とりわけ凶悪事件の発生率は日本と比較して依然として高い状態にあります。
————————————————————————————
再度言いますが、カナダは安全な国だと言われていますが、危険が無い訳では有りません。
留学される方は日本ではないことを意識して、自ら防犯対策をして危険な目にあうリスクを避けるように心がけましょう!

私が働く「East-Westカナダ留学センター」では、到着された方全員に無料の現地生活オリエンテーションを受けて頂いています。
その中で現地の治安について、防犯対策についてもお伝えしています。
何かトラブルがあった際にはいつでも相談に乗れるように交通の便の良いダウンタウンの中心にオフィスを構えていますので、
何か困った際のサポート体制が万全です!
カナダ留学、ワーキングホリデーをご検討中の方はカナダ現地に直営をオフィスを構える
「East-Westカナダ留学センター」までお気軽にお問い合わせ下さいね!
お問い合わせはこちら