こんにちは。
カナダ現地留学カウンセラーのタケシです。

Post Graduate Work Permit(PGWP)についての質問を頂きましたので、
本日はPGWPについて少し書きたいと思います。
カナダ政府はカナダ全土にある政府指定の学校(公立のカレッジ、専門学校、または大学)を 卒業した留学生に、Post Graduation Work、Permit(PGWP)と呼ばれる就労ビザの取得を認めております。 簡単に言うと、公立のカレッジ、大学を卒業すると、その後にカナダで就労できるビザが取得でき、 卒業後も帰国せずにカナダで働く事が出来るのです。
取得できる就労ビザの期間は就学期間により異なりますが、最長3年の就労ビザを取得をする事が出来ます。

学校での就学期間 取得できPGWPの期間
 8ヵ月未満  取得できません
 8ヵ月以上2年未満  学校に通った期間と同等期間
 2年以上  最長3年

※2年以上就学したからといって3年ビザがもらえると言う保証は有りません。
 最終的な就労ビザの期間は移民局の判断次第という事となっております。
(ほとんどの方が無事に上記の表の期間取得できています。)
※PGWPはワーキングホリデービザの様に一生に一度しか取得できません。
例え大学に二回通っても、二回目のポストグラデュエイト就労ビザ取得できません。

Post Graduate Work Permitを取得するには、まずはカレッジ、大学へ入学する必要があります。
各州の学校によって多少英語の入学基準が異なりますが、だいたいIELTS Academic 6.5程度の高い英語力が必要となります。
現在英語力が無い方は先ずは語学学校で英語をしっかり勉強するところから始めましょう。
英語が初級レベルの方が進学出来るレベルの英語力を身につけるには、
個人差はありますが最低でも1年間以上は語学学校へ就学する必要があるかと思います。
ちなみに大学付属のESLであれば、学校が定める英語の基準に達すればIELTS、
TOEFLのスコア無しでその学校の本科コースに編入する事が出来きる制度もあります。
将来的にカナダの永住権を取得されたい(移民されたい)方は、
Post Graduate Work Permitを活用すると移民できる可能性を高める事ができます。
と言うのもPost Graduate Work Permitでの就労中にカナダ移民局が定める条件を満たすと、
カナダの永住権の申請をすることができるのです。(永住権に関する細かい事は今回は省略します。) 永住権の取得を目的とされる方は、就労期間に出来る限り余裕があった方が良いので
最長3年のPGWPを取得されると事をお勧めします。

Post Graduate Work Permitが取得出来る学校のご案内、 またカナダの大学進学を目指した留学相談を無料でおこなっていますので、
以下の留学相談フォームよりお気軽にご連絡下さい。
無料留学相談フォーム
私が働く留学エージェントについて