カナダインターンシップ

こんにちは。
バンクーバー在住、現地留学カウンセラーのタケシです。

国際化が進んでいる現代では、海外での就労経験は就職やキャリアップに有利に働く傾向に有ります。私が働く留学エージェントではインターンシップに関するお問い合わせが増えてきているので、英語の勉強だけではなく学んだ英語を使って海外での就労経験を得たいと考えている方が多いと実感しています。
インターンシップと言われてもピンと来ない方も多いと思うので、本日はインターンシップについて詳しく説明していきたいと思います。

★インターンシップとは?
インターンシップとは企業で研修生として働き就労経験を積む事ができる制度です。
北米ではこの制度が広く認知されており、学生の多くがこの制度を通して就業経験を積み、就職やキャリアップに結び付けています。
留学生の場合は、実践の場でいきた英語を習得できたり、北米での就労経験、カナダ人や他の国籍の人と一緒に働く日本ではできない経験を得ることができます。
国際化が進む現代では、英語ができる、そして海外でのビジネス経験があるという事は
企業が採用する際の大きなポイントとなっています。

★カナダでインターンシップをするにはどのようなビザが必要なのか?
カナダでインターンシップをするためには、例え無給であっても働く為のビザ(ワークビザ)
が必要です。
以下の2つの方法が主となります。

・ワーキングホリデービザ
・学生ビザ+Co-op就労ビザ

Co-op就労ビザとはカレッジや専門学校のプログラムの中には実習(インターンシップ)がプログラムの修了にあたり必要不可欠である場合が有り、実習はCo-op就労ビザを取得して行います。詳しくはお問い合わせください。

★インターンシップで経験できる仕事は?
インターンシップで経験出来る仕事は英語力や経験によって大きく変わって来ます。
バンクーバーやトロントでは、中級レベル程度の英語力が有る方はローカルカフェ・レストラン、販売点、スーパー、美容室、スパなどの接客業務でのインターンシップが可能です。
上級レベルの英語力や経験が有る方は、カナダ一般企業(旅行、貿易、IT、マーケティング、エアラインなど)、非営利団体でのインターンシップが可能です。

MCNI-canadian-rockies-multisport-1
近年、大自然に囲まれたリゾートホテルでの有給インターンシップが人気を集めています。
カナディアンロッキーにあるバンフ、レイクルイーズ、ジャズパー、ケンモア、そして北米最大のスキーリゾート・ウィスラーのホテルでお金を稼ぎながらカナダ人や他国から来た従業員と共に働くカナダしかできない貴重な経験を得る事が出来ます。

留学生、ワーキングホリデーの採用に寛容な企業がバンクーバーにはたくさんあり、
インターンシップの受け入れ先はトロントよりもバンクーバーの方が多いです。
インターンシップを検討されている方は渡航地をバンクーバーしましょう。

★インターンシップは有給、無給?
インターンシップには給与が支払われる有給と、給与が支払われない無給があります。

・無給インターンシップ
無給なので、普段ワーキングホリデーや留学生を雇わない企業(旅行、貿易、IT、マーケティング、エアライン、NGOなど)で働けるチャンスが広がります。
インターンシップの期間は4週間~3ヶ月程度が一般的です。
ビジネス英語や北米の仕事の仕方を学ぶ、またスキルアップができるので
キャリアップや、これから就職活動をする大学生の方にお勧めです。

・有給インターンシップ
ローカルカフェ・レストラン、リゾートでお金を稼ぎながらカナダ人や他国の人と働く体験を得る事ができます。
カナダの企業で(旅行、貿易、IT、マーケティングなど)で有給で働くためには、非常に高い英語力、そしてその分野でのバックグラウンドが必要です。

★インターンシップをするための準備は?
英語が全くの初心者の方は、インターンシップの受け入れ先が見つからない為、
インターンシップをするのは難しいです。
最低でも初級の上〜中級レベルの英語力が必要です。
英語初心者の方は語学学校に3か月ぐらい通い、さらに語学学校のビジネス英語プログラムを受講するなどして最低限ビジネス英語を学んでおく事をお勧めします。

長くなりましたが最後までお読み頂き有難う御座いました。
私が働く留学エージェント「East-Westカナダ留学センター」では
有給、無給インターンシッププログラムの紹介もできます。
インターンシップまでのインタビューのトレーニングも含まれています。
詳しくはお問い合わせください。
お問い合わせフォーム