9917caec180236ed417214c5c7694aeda40904c71469802542
こんにちは。
カナダ現地留学カウンセラーのタケシです。

みなさんカナダの言えばどんな食べ物が思いつきますか?
おそらく、サーモン、メープルシロップ、ロブスターではないでしょうか?

実はカナダではウニ、マツタケなどの高級食材も多く取れ、その多くが日本に輸出されています。
築地で見るウニはカナダ産のものが多いそうですよ。

秋になればバンクーバーとウィスラーの間にあるスコーミッシュに行けば、
マツタケが大量に取れるそうです。
国が違えば、マツタケもただのキノコ、日本人以外はほとんど取りにいきません。

カナダでは鰻も良く獲れ、日本国内のウナギがどんどん減っているという事も有り
最近はカナダからの空輸が増えているそうです。

空輸は1日がかりなので、日本に到着する頃には9割が死んでしまうと言います。
ところが、活きのいいウナギを元気なままで輸送する方法があるそうです!!
(インターネットで得た情報なので正しい情報かどうかは分かりません)
天敵であるナマズを同時に入れて空輸すると、
2割はナマズに食べられるそうですが、8割は元気な状態で到着するそうです。
天敵をいれる事により、ウナギの生命力を高めるということだそうです。

人間もウナギと同じで、周りが自分と同じ様な人ばかりだと人は成長しなくなってしまいます。
居心地の良い状態の中では向上心が失われてしまいます。
自分と違う意見、価値観を持つ人がいると、時に摩擦も起こりますが、
その人たちから学べる事もたくさん有り、成長していけると思います。

そういった意味で留学は、自分とは大きく異なる人たちと出会い、
新しい視点を獲得する為の「絶好のチャンス」です。
自分が今いる環境よりも厳しい環境に行く事で強くたくましくなれます!

ウナギの話を無理やり留学の話に持って行きました(笑)
ではでは