vancouver
カナダの留学、ワーキングホリデーの渡航先として多くの方が選ばれる都市が バンクーバー、もしくはトロントかと思います。
ここ最近は、トレンドがトロントに有るようで、私が働く留学エージェントでも圧倒的に トロントへ行く方が増えています。
他社さんともたま〜に情報交換をするのですが、はやり今はトロントへ渡航される方が圧倒的に増えているとの事です。
その原因はやはり「バンクーバーは日本人が多い」という情報が 出回っているからではないでしょうか? バンクーバーに留学された先輩から「バンクーバーは日本人が多い」と聞き、
「日本人を避けたいから、バンクーバー以外の都市へ行きたい」と言う声を良く聞きます。

ただ正直言いますと、バンクーバーもトロントも日本人は同じくらいいます。 留学先としてのトレンドが今トロントに有るのだったら、
もしかしたらトロントの方が日本人は多いかもしれません。
「バンクーバーは日本人が多い」と言っている人たちは、きっと留学していた頃に 日本人とばっかりと過ごしてきたのでなないでしょうか?
ワーホリの方なら日本食レストランでバイトをして、毎日毎日にバイト先の日本人と過ごしていたのではないでしょうか?
ここはカナダですから、周りには日本人以上にたくさんカナダ人がいます。 バンクーバーの日本人比率なんて、他の国籍の人たちと比べると非常に少ないです。
だから日本人意外と過ごす事なんて、自分次第で容易にできます。 自身の意思が弱い人は、正直どこの都市に行ったって日本人とばかりつるむのが落ちです。

バンクーバーには日本人がたくさんいる様に感じるだけです。 ほとんどの学校はダウンタウンの中にあります。
バンクーバーのダウンタウンは、トロントに比べると非常に小さく、 端から端まで歩いても1時間も掛からない小さなエリアです。
そこに学校が集まっていて、また多くの学生がダウンタウンのアパートに住んでいる為、 日本人と会う機会が多く、そのことが日本人を多くいると感じさせているのだと思います。
実際のところダウンタウンで知らない日本人に会っても話なんかしません。 (東京歩いていて知らない人に話しかけますか?) カナダ人のほとんどはダウンタウンの外に住んでいます。
ダウンタウンの外で活動すれば日本人と会う確率はグーーンと減ります。 ダウンタウンはバンクーバーのほんの一部にすぎません。
日本人の少ない環境を求めるなら、郊外に住んだり、郊外で働けば良いでしょう。
これだけで日本人と接する機会を大幅に減少できます。 英語を勉強しに来たのだから、日本人を避けたい気持ちは分かりますが、 正直バンクーバー、トロント、カルガリー、モントリオール、ビクトリア 日本人はどこに行ってもいます。 語学学校に通われる方は必ず日本人と会います。 日本人がいない学校を探すなんて至難の業です。
気候が良いエリア、暮らし易い街で、学校の評判が良い、アクティビティー、プログラム、 そしてサービスが充実しているという条件が揃っていて日本人がいない学校なんてまず無いです。

先ずは環境よりも自身の意識を変える事が大事かなと思います。 意思の弱い方はどこにいっても、結局日本人とかたまり日本人とばっかり過ごすでしょう。
一番大事な事は自身の意思を強くもって周りに流されない事です。 バンクーバーほど留学先としてすばらしい場所は他にないかと思います。
バンクーバーで務めた事のある教育関係者はみんな口を揃えて「バンクーバーがベストだ!」 と言っています。

バンクーバーは、
・日本に並ぶ安全基準
・他の地域に比べると、温暖で暮らし易い
・山、海、都市がバランス良く融合してとても美しい街
・夏は海水浴等のウォーターアクテビティー、冬はスノーボード等のウィンタースポーツを楽しめます
・人々がとてもフレンドリーでカナダ人の友達を作り易い
・世界中から様々な人種が集まっているため、国際色豊かなグローバルな環境
・ワーキングホリデーの方は仕事が見つけ易い ・学校の数が非常に多く選択肢が豊富、専門プログラム等の種類も充実している
・どこの都市よりも学校の競争が激しい為、学校同士が切磋琢磨し質の高い教育を提供している

昔から世界中からの留学生が集まって来るには理由があるのです。 こんなベストな条件がそろっている都市は、世界中でもバンクーバーだけかもしれません。
留学地をバンクーバーに選んで間違いないと思いますよ。
City-view-from-Stanley-Park

バンクーバーへの留学を思い立ったら、お気軽にカウンセラーまでご相談ください♪ 無料留学相談はこちらから 私が働く留学エージェントについて