こんにちは。
カナダ現地留学カウンセラーのタケシです。

少し前に日本のカナダ大使館で開催された、カナダ留学・ワーキングホリデー説明会で2019年のワーキングホリデー、学生ビザ申請の大きな変更について発表がありました。
本日はその変更点についての重要なお知らせとなります。
2019年以降にビザを取得してカナダへ渡航される方はお読みくださいね。

2019年以降(2018年12月31日)からのビザ申請(ワーキングホリデー、学生ビザ)に、バイオメトリクス(個人識別情報の提供)と言う手順が追加される事となりました。※eTAは対象外。(6ヵ月未満の観光での渡航の方) この変更によりどうなるかと言いますと、 ビザ申請をする方は、カナダ移民局からバイオメトリクスのレターが届いてから30日以内に、東京の浜松町にあるVACに顔写真と指紋の提供しに行かないといけなくなりました北海道、沖縄の人もみんな東京まで出て行く必要があります。旅費はもちろん自己負担ですし、さらにはバイオメトリクスの登録費用$85を支払わないといけません。(この$85とは別に各ビザの申請も従来通り払わないといけません。)

変更点について
・2018年12月31日以降の申請(ワーホリ&学生ビザ) にはバイオメトリクス(個人識別情報の提供)申請費85ドル掛かること ・移民局からバイオメトリクスの案内が来てから30日以内に東京浜松町のVACにて顔写真と指紋の提供しに行くこと

バイオメトリクス追加後のワーキングホリデービザ申請の流れ

★IECプールの登録

★ワークパーミットの招待状が届く

★ワークパーミット申請、申請費$250支払い
ここまでは今まで通りとなります。

★ バイオメトリクス申請費$85ドルを支払い

★案内書と申請費のレシートを持って、30日以内に東京の浜松町にあるVACオフィスにて顔写真&4本の指紋を提供しに行く

★ビザの許可降りる

これまでより$85多く支払う事になり、さらに東京のオフィスまで行かないといけないと言う手間が増える事になりました。
ただ、この制度は2018年12月31日移行にビザ申請をされる方が対象となりますので、それまでに申請される方は回避する事が可能です。
既にカナダへの留学、ワーキングホリデーされる事を決定されている方は今年中にビザ申請をされる事をお勧め致します。
2018年のワーキングホリデーの枠は残り1500名程度と残り僅かとなっています。今後1年以内に渡航される予定の方は今から申請を済ませておきましょう!

現時点で分かっている範囲でのご案内となります。
カナダ政府に事なので、今後も大きな変更があるかも知れません。
最新情報に関してはお問合せ下さい。

留学相談、各種手続きなど全て無料でサポートさせて頂いておりますので、お気軽にご相談下さいね。
お問合せはこちらから